BLOG

Go Away! 【足立区英語教室 インフィニティ】

2021/10/21
モンスターの絵本とGo Awayと書かれたスティック

Welcome to Infinity English School, Ayase, Adachi-ku!

 

ハロウィンの歌というのは特にないので、インフィニティのレッスンでは毎年”Go Away!”という歌を使っています。MonsterやGhostに向かって"Go away!"と歌うだけの歌詞ですが、とても楽しい歌です。子どもたちもすぐに覚えて口ずさんでいます。

 

定番のこの曲に合わせて、今年は"Go Away, Big Green Monster!"という絵本を用意しました。Monsterに向かって”Go away!"と子どもたちが言うのがとても可愛いです。

保育園のレッスンでは、昨年”Go away!”の吹き出しのカードにスティックをつけたものを持ち込みました。教室では少人数なので、危険もなくいつも使っているのですが、保育園の3-5歳児も注意して持たせれば大丈夫かなと思って使ってみましたが、思いの他に楽しくて、子どもたちはすっかりこの歌のとりこになってしまいました。

 

昨年を思い出して、何人かの生徒さんが「Go awayないの?」と言うので、次のレッスンの時に持ってゆきました。歌が始まって気づいたのですが、スティックは10本ぐらいしかなく、昨年は生徒さんが少なかったのでそれでも間に合ったのですが、今年は4倍ぐらいに増えていて、皆がスティックを持ちたがるので大変なことになってしまいました。

 

子どもたちがスティックの取り合いでケガをするとか、不愉快な思いをして英語を嫌いになっては大変と思い、その次のレッスンからはスティックを使わないことにしました。でも曲が流れ始めるとお道具係の私のところに生徒たちが集まってしまいます。生徒の一人が「今日は忘れたの?」と言うので「そう」と言葉を濁したら「次は忘れないでもってきてね」と言われてしまいました。

 

一回でも使ってしまったら、子どもたちはもう納得しないのだということに気づきました。ハロウィンのレッスンは残り2回です。このままにしても後は引かないだろうとは思うのですが、なにか子どもに試されているように感じてしまいました。そこで急遽思いついて、段ボール用紙と言うカラーペーパーを丸めてスティック状にして、”Go away!"の吹き出しはとがっているので危なくないように周りを丸くして新しいスティックを40本ほど作ってみました。

 

紙なので折れてしまったらおしまいですが、危なくない棒を見つけたらいずれ作り直すことにします。次回のレッスンでの子どもたちの反応がとても楽しみです。

 

 

※綾瀬にある英語教室インフィニティは綾瀬はもちろん近隣の葛飾区(亀有・小菅・堀切)からのお子様も通われています。体験レッスンは随時受けつけております。お気軽にお申し込みください。