BLOG

Father's Dayに思う 【足立区英語教室 インフィニティ】

2021/06/20
手をつないで歩くお父さんと小さな女の子

Welcome to Infinity English School, Ayase, Adachi-ku!

 

今日は父の日なので、ちょっとお父さんにまつわる話をしたいと思います。

以前、英語教室へはお母さんからの問い合わせがほとんどでした。英語教室へかかってくる電話の多くは、お問合せか営業の電話なので、男の方からの電話はたいていがセールスの電話でした。「もしもし」と男の人の声がすると、こちらもテンションが下がってしまったものです。今度は何のセールスだろうと構えてしまいます。時には不愛想に対応してしまうこともありました。

 

しかし、数年前からお父さんからの問い合わせが来るようになりました。近年は実際お子様を連れてくるものお父さんというケースが多いです。おけいこ事はお母さんという思い込みがあったので、お父さんがお子様を連れてくるのはとても新鮮な感じがしたものです。お父さんたちは積極的に子育てに参加して、時には女の子の髪を結ってあげたりもします。驚きとともに感動しました。お父さんたちは子育てを楽しんでいるようにも見受けられます。とても理想的な形です。子育ては女の人がするものだという概念は古いです。また、お父さんが教育にかかわることで、実際いい結果を生んでいます。

 

何年か前にレッスンで「父の日」クラフトをしたことがあります。「母の日」ばかり脚光を浴びるのでお父さんのためにも何かメッセージ性のあるイベントをと思ったのです。すると生徒の一人が私のところへやってきて、「お父さんがいないので、おじいちゃんでもいいかな」というのです。また、他の子は「新しいお父さんと前のお父さん、どちらに作ればいい」と訊かれたり、それは何か特別なことでもないけれど、子どもにとってはそのイベントをすることで、何らかのストレスを感じたりするかもしれないと思ってしまいました。もちろん家庭の事情にまで踏み入るつもりはありません。ただ、子どもと関わる仕事なので、子どもの気持ちに立って考えなくてはと常日頃から思っています。

 

写真は英語のレッスンが終わって仲良く手をつないで帰るお父さんと女の子の姿があまりにも素敵だったので、遠くから撮らせていただきました。土曜日の午前中は小さなお子様のクラスですので、お父さんお母さんと一緒にレッスンに参加していただいています。時には、お父さんたちばかりという日もあって、とても微笑ましい光景です。

 

 

※足立区綾瀬にある英語教室インフィニティは綾瀬はもちろん近隣の葛飾区(亀有・小菅・堀切)からのお子様も通われています。体験レッスンは随時実施しております。お気軽にお問合せください。