BLOG

新しい習慣 【足立区綾瀬英語教室インフィニティ】

2021/02/20
指を合わせる人間とロボット

Welcome to Infinity English School, Ayase, Adachi-ku!

 

人生は出会いと別れの繰り返しです。わかってはいてもなかなか慣れるものではありません。ましてや子どもの教室を続けていると、春はいくつもの別れがあります。悲しいですが、新しい人生の門出と思って心でエールを送ります。

 

欧米の人は別れの時に必ず「ハグ」をするのですが、なぜなんだろうといつも疑問に思います。日本にはハグの習慣はありません。でも欧米人はお別れの時にハグするものだと理解しているので、当たり前のようにハグして別れます。だけど、これもなかなか慣れません。

 

最近はドラマなどを観ていても、日本人同士でハグするシーンも多くなってきていますが、実際日本ではそんなにハグはしませんよね。どうしても違和感を覚えてしまいます。現代劇ならともかく、時代の違うドラマなどで、絶対しないだろうと思うと感情移入ができなくなってしまいます。

 

しかし、昨年よりコロナ感染予防ということで、ハグやハイタッチばかりか握手もなくなってしまいました。それはそれで何かさみしい気がします。代わりに"elbow touch"をしていますが、はずみで手を触れたりしたら、すぐに消毒しなければと思ってしまいます。コロナって、いろいろなことを奪っているけれど、こんな習慣まで変わっていってしまって、何かやるせないです。

 

このパンデミックが早く終息して、先生と子どものハイタッチも復活してほしいと思う今日この頃です。

 

 

※足立区綾瀬にある英語教室インフィニティは綾瀬はもちろん近隣の葛飾区(亀有・小菅・堀切)からのお子様も通われています。体験レッスンは随時受けつけております。お気軽にお問い合わせください。