BLOG

スコットランド人の英語 【足立区綾瀬英語教室インフィニティ】

2020/11/29
野原でバグパイプを吹くキルトを着た男の人

Welcome to Infinity English School, Ayase, Adachi-ku!

 

スコットランド人の英語に関する動画を観ました。英語を話しているのに英語に聞こえない。そもそも発音が違うので何を言っているのかわからないというものでした。インフィニティでは講師として様々な国の方に教えてもらっていたこともあり、たいていの英語は聞き取れるようになりました。同じ英語でもこんなに違うのだということを実感します。

 

よくイギリス人の英語講師以外はだめだとか、かつてはニュージーランドではなくオーストラリアでなくてはだめだとか言われたこともあります。そういうことを言う人はその国の人とだけコミュニケーションがしたいということなのでしょうか。その根拠はよくわかりません。何はともあれ英語は世界共通の言語として身につけておくべきです。

 

ある日、インドの方から電話をもらい、よく聞き取れなかったのでメールを送りますのでメールアドレスを教えてくださいと言ったのですが、そのメールアドレスも聞き取れなかったという笑い話みたいなこともありました。

 

スコットランド人はだいぶ前に数か月来てもらったことがあります。自己紹介の時から、ちょっと聞き取れませんでした。でも、その先生はすごく素敵な顔立ちをして、おまけにとても優しいのです。私はこれを機にスコットランドの英語にも慣れようと決心しました。一週間に一度だけ来てもらっていたのですが、ある日教室の外でばったり会った時などは、素敵な笑顔であいさつされてうっとりしてしまうほどでした。

 

不思議なことに子どもたちは彼の英語が聞き取れたようです。優しく教えてくれるので、子どもたちも彼が好きになったのではないかと思います。本当に理解できているのかと不安に思うこともありましたが、真偽のほどは定かではありません。彼は日本語ままったく話せなかったので、コミュニケーションの手段が英語しかなく、皆頑張って自分の意思を英語で伝えていました。本来の形で理想的な英語レッスンだと思います。

 

当時、大学生だった姪は用事もないのにその曜日だけ教室に寄るようになり、素敵な先生は密かに人気者になりました。でも、ある日彼が日本を去る日が訪れました。とても残念に思いましたが仕方がありません。最後の日に彼はメッセージカードとお花をもってきてくれました。もう、時効だから言いますが、そのお花は仏壇やお墓参りの際に供える仏花でした。もちろん、そんなことを指摘できるわけもなく、一緒にお花をいただいたスタッフの方と「外国の方には素朴なブーケに見えるのかも」と笑いながら話しました。

 

インフィニティは国際交流する英語教室です。知らない国の人と英語という共通語を使ってコミュニケーションすることを体験してほしいです。

 

 

※綾瀬にある英語教室インフィニティは綾瀬はもちろん近隣の葛飾区(亀有・小菅・堀切)からのお子様も通われています。体験レッスンは随時受けつけております。お気軽にお問い合わせください。