BLOG

Halloween Event終わりました 【足立区綾瀬英語教室インフィニティ】

2020/11/01
ホーンテッドハウスのクラフトがタペストリーの前に並んでいる

Welcome to Infinity English  School, Ayase, Adachi-ku!

 

20年前の今日11月1日は、外国人の友人と二人で英語サークルを始めた日です。サークルなので大した準備はいりませんでしたが、その日の高揚感は今も忘れることがありません。あの日がスタートだったと記憶の中にとどめるのみですが・・・。サークルなのに評判がよく、生徒も順調に集まり、翌年の春に教室を借りて英語教室をスタートさせました。

 

その年、イベントとしてハロウィーンパーティを計画しました。場所を確保して人を集めて、飾りつけはほとんどが手作りでした。私はそこで燃え尽きてしまい、あとは外国人のパートナーに任せようと思ったのですが、結果は散々でした。彼には子どものハロウィーンパーティなんて未知の分野だったのでしょう。特に何かをするでもなく仮装して歌をうたっただけでした。そこで学んだことは、自分以外を当てにしてはいけないということ。ダサくても日本人ぽく手も自分で計画して実行しなければいけないということ。

 

子どもは仮装したり、お菓子をもらったりと漠然としかハロウィーンを知りません。いつもと違う空間で、なにか楽しいと感じてもらうことで充分なのだと結論づけたのです。イベントのたびにクラフトをやるのはそんな理由からです。長く通ってきてくれている子どもたちはパターンを把握しています。「今年も何か作るんでしょう」とは言いますが、誰も文句は言いません。イベントをクラス単位でレッスン時にするのも、大げさなことは長く続かないと経験から学んだことです。忙しい現在の子どもたちに、わざわざ時間を作って来てもらわなくてもいいように、レッスンの一部を使うことにしたのです。

 

今年は3Dホーンテッドハウスを作りました。作り方はシンプルなのに出来上がるとすごく手が込んで見えます。今年用意したハロウィーンのタペストリーの前に置いたら、なんとなく雰囲気が出て映えます。せっかく作った作品も写真を撮ったら処分します。教室はハロウィーンのディスプレイもすべて取り外して、明日からのレッスンに備えます。

 

 

※足立区綾瀬にある英語教室インフィニティは綾瀬はもちろん近隣の葛飾区(亀有・小菅・堀切)からのお子様も通われています。体験レッスンは随時受けつけております。お気軽のお問い合わせください。