BLOG

来月はハロウィーンですが 【足立区綾瀬英語教室インフィニティ】

2020/09/18
ハロウィーンの手作りのバッグ

Welcome to Infinity English  School, Ayase, Adachi-ku!

 

そろそろハロウィーンの季節なのでショッピングに出かけましたが、今年はあまり品数がないような印象でした。今年は様々なイベントが中止になっているせいもあり、人が集まるハロウィーンも少し盛り上がりに欠けます。何もかも中止にしてしまうとお楽しみがなくなってしまいますよね。教室ではイベントはいつも通りレッスン中に実施いたします。

 

先生たちと相談しながら、子どもが楽しいことを企画しますので10月のレッスンは楽しみにしていてください。とは言っても、45分間のレッスンでのイベントですので、できることは限られていますが、少しでもハロウィーンの気分を味わってほしいと思います。コスチュームもあるのなら、ぜひ着て参加してください。

 

都心のハロウィンパレードとか映像でしか見たことはないですが、コスチュームを着た若者や外国人たちが大騒ぎしているイメージがあります。仮装する由来とか知ってはいますが、本来のハロウィーンの意味とは違ったものになっているようです。ゴーストやゾンビ等の仮装だけではなく、ただの変身グッズを身につけて楽しんでいる様子は、それはそれで楽しくっていいと思います。

 

世間の人は外国人イコールハチャメチャなイメージがあるのでしょうか。でも、外国の人がみなそんなイメージで見られているとしたら、それは失礼な話です。私は仕事柄、いろんな外国の方と知り合いますが、そんな人はほとんどいないです。日本の若者同様、ただ楽しむべき時は楽しんでというスタンスの人もいるにはいます。でも、総じてみな普通の感覚を持ち合わせています。

 

先日、ある先生がレッスンに遅れてきました。理由を聞くと「おまわりさんに呼び止められた」と言うではないですか。仕事に行くから急いでいると言っているのに聞き入れてはもらえなかったようです。イヤホンをつけていたので気が付かなかったら、ぐいと手をつかまれたとも言っていました。そしてエイリアンカード(外国人登録証明書)の提示を求められたそうです。先生は日本人男性と結婚している若い女性です。それを聞かされた時、私は日本人として彼女に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。ちなみに質問はすべて日本語だったそうです。

 

どういう基準で外国人を呼び止めているのかはわかりませんが、日本は国際社会にはまだまだほど遠いなあと思いました。

 

 

※足立区綾瀬にある英語教室インフィニティは綾瀬はもちろん近隣の葛飾区(亀有・小菅・堀切)からのお子様も通われています。体験レッスンは随時受けつけております。お気軽にお問い合わせください。