BLOG

アメリカ人のアフロヘアーの先生がやってきました

2019/03/02
ホワイトボードに絵を描く少年

レギュラーの先生がお休みだったので、今週の水曜日と土曜日はアメリカ人のビリー先生が来てくれました。小さな子が人見知りするかもと心配したのですが、全然問題ありませんでした。子どもは正直です。ちゃんと人を見分ける目を持っています。初めはちょっと緊張気味でしたが、レッスン中にはすっかり打ち解けて笑顔が見られました。アフロヘアーの先生は初めてなので、みんな先生の髪型に興味津々。レッスン中、ビリー先生は鉛筆を髪の中に差し込んでしまいます。こうなると子どもたちの目は先生の頭に釘付け。子どもたちも、鉛筆を先生の髪の中に入れては楽しんでいました。おかげでこの二日間のレッスンは笑いが絶えませんでした。

ビリー先生は、日本のアニメが大好きです。小学生の男の子がホワイトボードに落書きを始めたのですが、そのあまりのうまさに感激してもっと描いてと言ったら、見本があるともっとうまく描けると言うので、先生がスマホで絵を出して再び描いてもらっている写真です。こういう交流があると、子どもも自信を持てるし、心の触れ合う瞬間を見た気がして嬉しいです。英語教室は英語を学びに来る場所ではありますが、国際交流できる場所でもあってほしいと、日ごろから思っています。様々な国の人と触れ合って、自分たちも海外に目を向けるようになってほしいと願います。

ビリー先生、楽しい時間をありがとう。また来てくださいね。