BLOG

プライベートレッスン

2019/01/30
外国人の女性の先生と男の子が本を読んでいる

小さい頃から長期のお休みのときだけレッスンに参加していた生徒さんが小学生になって、毎週来てくれるようになりました。彼は物怖じせずに英語を話すので、先生たちもびっくりです。お母さんによると、彼は町で外国人を見かけると"Hello!"と話しかけるそうです。将来がとても楽しみです。

インフィニティには大人のプライベートレッスンの生徒さんもいます。皆、話せないわけではないのにレッスンをするのには意味があります。英語は使わないと思ったように話せなくなってしまうからです。「継続は力」という言葉がありますが、続けることに意味があります。小さい頃から通っていた生徒さんも、英語耳ができた頃、別のおけいこや塾に行くためにやめてしまうことがありますが、とても残念に思います。永遠に英語教室に通ってくださいとは言いませんが、英語はどんな形でもいいから続けてほしいと思います。今はSkypeで英会話のレッスンをするなどの方法もあるし、せっかくある程度話せるようになったのなら、外国人の友だちを作るなどして、ぜひ、英会話は続けてほしいと思います。英語を使う環境は決してなくさないでください。

そういえば、昔私が英会話スクールに通っていたとき、暗記した会話文があります。

"Hello! May I speak with you for a few minutes?  I study English, but I don't have a chance to talk with a native speaker."

こういって話しかけるのですが、その後外国人からどんな返事が返ってくるのか想像もつかなかったので、自ら話しかけたことはありませんでした。その後、アメリカ人と話す機会がありましたが、テキストの文章はあまり役に立ちませんでした。単語は暗記でも、会話は暗記では身につかないものです。