BLOG

英語で英文法なら足立区綾瀬英語教室インフィニティで

2019/01/23
外国人講師の前で発表する子ども

昨年4月から開講したフォニックスマスタークラス。そろそろコース1のテストの時期が近づいてきました。写真は一人ひとりレベルをチェックしているところです。自分の番になったらきちんと答えられるよう、他の生徒のときも真剣に見つめています。動詞は全てアクションも一緒に学んでいるので、理解しているのがよくわかります。英会話クラスだとなんとなく理解していることも、このクラスだと本当に理解していないと前へ進めません。

以前、イギリス人の先生に英文法についての質問をしたときに、「英文法なら日本人の方がよくわかっているだろう」と言われて、英語で英文法を習うのは無理なんだとあきらめてしまったことがあります。確かに文法について説明できなくても、私たちは日本語を話せます。まして、英会話となると、いちいち頭の中で文法を考えていたら、英語は話せなくなってしまいます。しかし、学校の授業に英文法がある以上、子どもたちは英文法を学ばなくてはなりません。中学生になって英文法が始まると、ますますちんぷんかんぷんになってしまい、英語嫌いになってしまい英文法はテストのための勉強のみになってしまいます。

私が、リック先生と出会って彼の英語教室へ見学に行ったときに、あまりのレベルの高さにびっくりしました。幼い生徒が英文法も全て理解していたからです。現在進行形はPresent Continuous、過去形はSimple Past、未来形はSimple Future等々、文章の作り方まで英語で説明できます。小学生低学年の子も長文をすらすらと読んでいました。英文はフォニックスを繰り返し習うので、自然に読めるようになるのです。その素晴らしいレッスンをインフィニティでもできるようになり、とても嬉しく思います。

今、私が心配しているのはフォニックスマスタークラスで英語を勉強した子が、中学生になり英文法を日本語で習うようになったときに、あまりのレベルの低さにやる気をなくしてしまわないかということです。それともあまりに易しすぎて全て理解できるので、ますます英語習得に頑張るか・・・。私はそちらを期待しています。

日本では高校の英語の授業は全て英語で行うようになると聞いてから久しいですが、どうなのでしょうか。また、最近読んだ記事によると中学の授業も全て英語になることを目指しているらしいです。それは理想的ですが、そうはならない気がします。

なので、皆さんインフィニティで英語で英文法を学んでください。2月3月は体験クラスを予定していますので、ぜひいらしてください。